2013年11月12日

【みっちりねこ2攻略B】合成とバイオリズムの関係

どうも、今日は合成とバイオリズムの関係を紹介します。

したの写真をみてください。

so1.jpg

いま、合成しようとしているねこは

1種類のバイオリズムが「フキゲン」で
もう1種類のバイオリズムが「ゼッコーチョー」です。


その子達を合成すると・・・


so2.jpg

残念ながら、新種の発見につながりませんでした。



しかし!!

2種類ともバイオリズムが「ゼッコーチョー」のとき↓

ss1.jpg


この子達を合成すると・・・

ss2.jpg

なんと、新種ができちゃうのです!!

「バイオリズム」の影響は恐るべしです(@_@)


みなさんも、合成のときはゼッコーチョー同士を合成するようにすると

思わぬ、新種の発見につながるかもしれませんよー。


posted by N at 00:10 | Comment(1) | TrackBack(0) | みっちりねこみっくす2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

t2.jpg
t2.jpg

      
      


この記事へのコメント
自分は片方が不機嫌でも出来ましたよ

絶好調の方の詳細(上記の画像の場合、マスク)で吹き出しにボッチが出たら、合成をしたら成功しました

上記画像のボッチ×マスクではなく、マスク×ボッチにした方が良いかもしれないですが(^^;
Posted by ヌー at 2013年11月16日 15:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/379977509

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。